「かんたんnetprint」にバージョンアップ!ネットプリントアプリがさらに便利に

netprintかんたん

みなさん、こんにちは!
CO’NYライターの東ひがし(あずまひがし)です。

セブンイレブンのネットプリントアプリ「netprint写真かんたんプリント」がバージョンアップして「かんたんnetprint」になりました!

会員登録不要で利用できるファイル形式・印刷用紙が増えてさらに便利に。

この記事では「かんたんnetprint」の使い方と、どうバージョンアップしたのかを紹介します。

かんたんnetprintアプリとは

ネットプリントアプリ2つ
http://www.printing.ne.jp/support/mobile/mobile.html

かんたんnetprintアプリとは、セブンイレブンのネットプリントをスマホから利用できるアプリです。

ネットプリントのアプリは2つありますが、緑色の方です。

2つのアプリの違いは、会員登録の有無印刷の有効期限の2点です。
ネットプリントアプリ比較

かんたんnetprintアプリの使い方

※この記事ではiPhoneからの使い方を紹介しています

こちらも参考にしてください。
スマートフォン用アプリ「かんたんnetprint®」のご紹介

アプリをダウンロードし立ち上げる

かんたんnetprint01

アプリの説明と利用規約が出るのは初回のみです。

写真・画像を登録する

かんたんnetprint02

印刷用紙と画像の縦横比によって、画像の両端が切り取られたり、余白がつけられたりします。ご注意ください。

文書を登録する

かんたんnetprint03

データが見つからない場合は、三枚目のところで右下の「ブラウザ」から探してみてください。

他のアプリから操作する

かんたんnetprint4

アプリによっては「共有」ボタンの中にかんたんnetprintアプリがない場合があります。

予約番号・有効期限を確認

かんたんnetprint05

セブンイレブンで印刷するには予約番号が必要です。

印刷の有効期限は登録翌日の23:59です。
忘れずに印刷しましょう!

バージョンアップした点

もともとnetprintアプリには「netprint」と「netprint写真かんたんプリント」の2つがありました。

2018年10月に「netprint写真かんたんプリント」は「かんたんnetprint」にバージョンアップされ、登録できるファイル形式と用紙の種類が増えました。
アプリバージョンアップ

かんたんnetprintアプリのデメリット

ネットプリントアプリ比較

かんたんnetprintアプリのデメリットは、印刷の有効期限が翌日の23:59というところでしょう。

印刷データの共有やオリジナルイラストの配布など、有効期限が長く欲しい場合は、もう一つのオレンジの「netprint」アプリを利用しましょう。

netprintアプリの使い方はこちら

会員登録(無料)が必要ですが、同じID・パスワードでパソコンからも利用できるようになります。

あとがき

2つのアプリの違いを簡単にまとめた記事を書いた直後の仕様変更でしたが、ユーザーとしてはありがたいバージョンアップです!

この記事の著者

東 ひがし

東 ひがし

北九州在住のフリーランスデザイナー。CO'NYではライターとしても活動します!デザインのお仕事は随時受付中。

  • Twitter

Ranking人気記事