制作ワークフロー(クリエイター向け)

プロダクション

CO’NYで請けた制作依頼はCO’NYがディレクションを担当し、クリエイターが作成します。

制作ワークフロー

依頼

お客様からご依頼をお受けします。ご依頼は全てCO’NYが窓口になります。

受諾確認

CO’NYからクリエイターにご依頼内容を伝え、受託できるか確認します。

打ち合わせ(ヒアリング)

ご依頼内容の詳細をお客様に伺います。お客様のお悩み・ご要望をもとに、目的を整理し、解決・戦略方法を確認していきます。

企画・立案

ヒアリングをもとに、具体的なスケジュール、企画提案などプロセスを決めていきます。この時、クリエイターの制作費、CO’NYのディレクション費を合わせたお見積りをお客様に送ります。

制作

お客様がお見積りを受理されたら、プロセスに沿ってクリエイターが制作をしていきます。

修正・確認

ご要望に沿った制作物になっているかCO’NYで一旦確認し、その後、お客様に確認してもらいます。修正があればクリエイターに対応してもらいます。

納品

制作物にOKがでれば、納品します。

請求書・お支払い

納品が完了したら、クリエイターからCO’NYへ請求書を送ってもらい、CO’NYはそれにディレクション費を上乗せした請求書を、お客様に送ります。その後、お客様からCO’NYへ入金してもらいます。

振込

お客様から入金を確認後、CO’NYからクリエイターにご請求分を振り込みます。

料金について

制作費はクリエイターが決めます。(CO’NYと相談して決めることも可)

ディレクション費は制作費の20%程度になります。
ディレクション費の内訳は、主に打ち合わせ、企画・提案、プロジェクト進行管理などです。
打ち合わせ回数が多い場合、交通費を含む場合もあります。
案件によって、ディレクションの内容も異なり、費用はそれにより変動します。